クロス式コーチ塾


 

セミナー受講規約

 

 本受講規約(以下、「本規約」という)は、クロス式コーチ塾の講座の主催者であるクロス・ジャマール(以下、「主催者」という)の許諾に基づき、当講座の受講希望者(以下、「受講希望者」という)が受講の申込を行い、主催者が提供する当講座を受けるにあたっての、主催者と受講希望者の間の契約条件を規定するものです。


 

第一条(受講料金)

 

 当講座の受講希望者は、主催者のウェブサイトやその他で提示する受講料金を支払うものとします。

 

第二条(受講の申し込み)

 

 受講希望者は、主催者がウェブサイト等に掲載する手続き、または主催者が定めるその他の手続きにしたがって受講の申し込みを行います。

 

 受講希望者は、申し込みの際に主催者が提示を求める必要な情報(氏名や連絡先など)について、正確で最新の情報を主催者に提供するものとします。

 

 次の各項目に掲げるいずれかの事由に該当する方は、当講座の受講の申し込みを行うことができません。

 

 ・講座内容を適切に理解できない可能性がある場合

 ・主催者が当講座の受講者の適性に欠けていると判断した場合

 

第三条(当講座受講申し込みの承諾)

 

 当講座は、受講希望者から、主催者の定める手続きによって受講の申し込みを受けた時、受講希望者に対して当講座の受講を許諾する旨と、受講料金の支払い方法等を電子メールまたはその他の方法にて通知するものとします。

 

 主催者と受講者の間で、当講座の提供に関わる契約は、受講料金の入金を確認した時に有効に成立し、受講希望者は、本規約の定めに従い受講者の資格を取得するものとします。

 

第四条(決済方法)

 

 当講座の受講料金の決済方法は次に掲げるとおりとなります。

 

 ・銀行振込

  受講料金を主催者が指定する口座へお振込みください。振込手数料は受講希望者の負担とします。指定口座は、申し込み後に電子メールまたはその他の方法にて通知するものとします。

 

 ・クレジット決済

  各カード会社の引き落とし日に引き落としされます。

 

第五条(情報の使用)

 

 当講座を受講するにあたり、受講者について主催者が知り得た情報は、今後の講座やクロス式コーチ塾の質の向上のために使用することができるものとします。

 主催者は、講座の内容の撮影や録音を行、資料または販促物として主催者のホームページや、各関連媒体への掲載ないし販売を行うことがあります。

 

第六条(遵守事項および確認事項)

 

 受講者は、当講座を受講するにあたり、以下に掲げる事項を遵守しなければなりません。

 

 1受講者は、講座内容を自身の学習の目的にのみ使用するものとし、受講者個人の私的利用の範囲内で使用すること。

 2講座内容をいかなる方法においても第三者に対して、販売、譲渡、貸与、修正、使用許諾等を行わないこと。

 3講座内において、写真撮影、録音、録画を行わないこと。

 4主催者の指示に従うこと、および他の受講者の迷惑になるような行為、言動等をしないこと。

 5講座内容を理解する上で、個人差があることを前提に、内容が理解できなかったまたは理解しづらい部分があったとしても、主催者に一切の責任を求めないこと。

 6当講座の受講において知り得た内容については、その完全性、有用性、正確性、将来の結果等について、主催者に一切の責任を求めないこと。

 7受講者が精神的に不安定な状態にあんり精神科等に通院している場合は、必ず担当医師やカウンセラーに相談の上で参加すること。

 

 主催者と受講者は、当講座が、受講者の受講後の成果を保障するものではなく、また、受講者の行う事業に関して一切の責任を負うものではないことを確認します。

 

第六条(受講者資格の中断・取り消し)

 

 受講者が次に掲げるいずれかの事由に該当する場合、主催者は事前に通知することなく、ただちに本契約を解除し、当該受講者の受講資格を停止、または将来にむかって取り消すことができるものとします。また、次に掲げるいずれかの事由に該当する場合は、受講料金の返金(返金保証による返金を含む)は行いません。

 

 1受講の申し込みにおいて、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。

 2講座内容を適切に理解できない可能性がある場合。

 3営利、またはその準備を目的とした行為および営業活動や勧誘の禁止、その他、主催者が禁止する行為を行った場合。

 4受講者に対する破産、民事再生、その他倒産申請の申し立てがあった場合。

 5受講者が後見開始もしくは補助開始の審判を受けた場合。

 6本規約または法令に違反した場合。

 7公序良俗に違反し、または犯罪に結びつくおそれのある行為を行った場合。

 8主催者または主催者の利害関係人に対し、誹謗中傷をしたと認められる事実がある場合。

 9主催者の事業活動を妨害する等により、主催者の事業活動に悪影響を及ぼした場合。

 10その他、受講者として不適切と主催者が判断した場合。

 

第七条(講座の中止・中断および変更)

 

 主催者は、当講座の運営上やむを得ない場合には、受講者に事前の通知なく、当講座の運営を中止・中断できるものとします。

 前項の場合には、主催者は次回以降に開催する同じ内容の講座への振替を案内し、希望者は受講できるものとします。

 

第八条(返金および契約申し込みの撤回に関する特約)

 

 当講座は、インターネットを活用して販売される情報商材になります。

 受講者は自ら、主催者のウェブサイトや動画投稿サイト、その他のSNSを通して講座の受講を検討し、納得した上で商材を購入したとみなします。

 当講座は、クーリング・オフの対象外であり、返品・返金は受け付けません。

 

第九条(著作物等)

 

 当講座の受講において使用するテキスト等の著作物に関する著作権およびその他知的財産権は主催者に帰属し、主催者の事前承諾を得ずに、これらを侵害する次の各項目に定める行為を行うことを禁じます。

 

 1主催者の著作物の内容を、自己または第三者の名をもってウェブサイト等インターネットを通じて公衆に送信する行為。

 2主催者の著作物の内容を、引用の範囲を越えて自己または第三者の著作物に掲載する行為。

 3私的利用の範囲を越えて、著作物等を複製・改変等して第三者に配布する行為。

 4その他、主催者の著作物等の著作権および知的財産権を侵害する行為。

 

第十条(秘密の保持)

 

 受講者は、当講座を受講するにあたり、主催者によって開示された当講座固有の技術や情報ならびに、他の受講者より開示されたプライバシーに関わる情報を秘密として扱うものとし、これらの情報を使用し、または第三者に開示することを禁じます。

 

第十一条(損害賠償)

 

 受講者が、当講座に起因または関連して主催者に対して損害を与えた場合、受講者は一切の損害を補償するものとします。

 当講座に起因または関連して、受講者と他の受講者、その他の第三者との間で紛争が発生した場合、受講者は自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、主催者側に生じた一切の損害を補償するものとします。

 

第十二条(暴力団等反社会勢力の排除)

 

 受講希望者または受講者は、主催者に対して、当講座の申し込み時または当講座の受講時において、暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、その他反社会勢力に該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。

 受講希望者または受講者は、主催者が前項の該当性の判断のために調査を要すると判断した場合、その調査に協力し、これに必要と判断する資料を提出しなければなりません。

 主催者は、受講希望者または受講者が暴力団等反社会的勢力に属すると判明した場合、当講座の受講の申し込みを拒絶し、または事前に知らせることなく当講座の受講契約を解除することができます。

 主催者が、前項の規定により、当講座の受講契約を解除した場合には、主催者はこれによる受講者の損害を賠償する責任を負わず、受領済みの受講料等も一切返還致しません。

 

第十三条(規約の変更)

 

 主催者は、本規約および本規約に付随する規定の全部または一部を変更することができます。主催者により変更された本規約は、主催者のウェブサイト上に掲載された時点で、効力を発揮し、以後当該変更された本規約が受講者に適用されるものとします。

 

第十四条(協議事項)

 

 本規約の解釈について疑義が生じた場合、または定めのない事項については、協議の上で解決を図るものとします。

 

付則  本規約は、2020年1月1日より実施するものとします。

 

クロス式コーチ塾

 

主催 クロス・ジャマール