選択肢を与えることの重要性とその脳科学

 人は選択肢を与えられることで、DLPFCは記憶検索と価値観チェックを同時に行う。これを繰り返して、DLPFCの発達は適度に進む。DLPFCとは、学力の高さ、計画性の高さ、予測能力の高さ、対人関係能力などと関わってくるエリアでもある。ワーキングメモリが発達する部位でもある。




Q1

 もし選択肢を与えられない幼少期を過ごしてきたら、DLPFCはどうなる? 複数回答可能


  1. 一般的な家庭と変わらず問題なく発達する

  2. 過保護や過干渉を含むモラハラ家庭で育てられた場合、学力、衝動性、攻撃性、対人関係で問題が出るだけでなくDLPFCの発達も遅れる。

  3. 虐待を含むパワハラ家庭で育てられると、素行障害や犯罪で投獄されるリスクが上がるだけでなくDLPFCの発達も遅れる。

  4. ネグレクト家庭で育てられると、ADHDやASDの特徴に似た精神疾患のリスクが上がるだけでなくDLPFCの発達も遅れる。

  5. 甘やかされて育てられると、短期欲求的な行動ばかりが目立つようになり、自己愛が強くわがままに育つリスクが上がる。また長期的な目標を立てて行動することがないためDLPFCはほとんど発達しない。

  6. 貧困家庭だと、言語能力、記憶力、ワーキングメモリーなどが発達しないため、DLPFCの発達はなかなか進まない。


Q2

 高学歴だがDLPFCの機能が低い場合、社会人デビューをして入社した場合どのような言動の多さで退職につながることが考えられる?複数回答可能


  1. 自分のミスに対して、言い訳が多く人の責任にする言動が目立つ

  2. 自分よりも優秀な人に対する間接的な攻撃や嫌味が多くなる

  3. チームの意見をまとめ上げ、皆が納得する合意点を形成して業績を上げる

  4. 足りない能力を補うために不健全な根回しと陰口が増えてくる

  5. 愚痴と不満は多いが、意地でも解決策を出したり解決行動を取ろうとはしない

  6. 多様な価値観を受け入れつつ、毅然とした態度で自分や他人の問題行動に適切に対処する

  7. 自分自身ではなく、周りの人たちの行動や価値観を変えようとコントロールしてくる

  8. 感情のコントロール能力が低く、その起伏の激しさで孤立しやすくなる


Q3

 家庭でDLPFCの発達を促すには、どのような技術と知識が必要となる?自分なりの意見をまとめてみよう!


Q4

 DLPFCを高めるための脳トレの効果が有効な時期である「年齢の窓」が存在している。その年齢の窓とは?


  1. 0~3歳

  2. 3~6歳

  3. 6~9歳

  4. 9~12歳

Featured Posts
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic